お店の紹介

「自然食工房めぐみ」は

北九州市小倉北区にあります、

自然食をお出しする小さなカフェレストランです。

当店でお出したお食事をご家庭でもお召し上がりいただけますように、

料理教室やワークショップを開催しています。

また、食事のこと、健康のこと、環境のこと、

さまざまなことを考える講演会なども開催しています。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。


福岡県北九州市小倉北区魚町3-3-20ビッコロ三番街1F

TEL・FAX/ 093-511-2352 

営業時間/11時〜20時

木曜日は12時~20時

定休日 毎週水曜日

E-mail megumi2352(@)yahoo.co.jp ※メールを送信される際は(@)を@に変えてお送りください。


私の仕事

こんにちは

自然食工房めぐみの堀川です。

今日は、「なぜ私が自然食料理人の仕事をしているのか」、話を聞いてください。

それは、一人のお客様「石井さん」の言葉にあります。

石井さんに出会うまで、私は、私の仕事は「美味しい料理をみなさんに提供すること」だと思っていました。

石井さんは、小さいころから小麦アレルギーで、小麦が入った食品を食べると気分が悪くなり、頭がボーっとしてしまって、とても苦しんでおられました。

「学校の給食とか食べたら気分が悪くなって、変なやつだと思われとって、学校とか行きたくなかった。仕方が無いからご飯は自分で作って食べとるけど、いっつも同じもんばっかりで、ラーメンとか食ってみてぇ。」

そんな時に、当店のチラシを見てご来店され、小麦不使用の食事があるか、聞かれました。

小麦アレルギーの状況次第では、激しい症状が出ることもあるので、丁寧にお話をお伺いし、小麦を全く使わないお食事をお出ししました。

そして、お食事をして頂きながらお話をするうち、遺伝子組み換えされ品種改良(改悪)された小麦を食べる必要がないことに気づかれました。

今まで暗かった石井さんの表情が、パ~ッと明るくなり、思わず椅子から立ち上がり、声のトーンも高くなり、「小麦が食べれないことは、変なことやないんやね」と、ものすごく嬉しそうに声をあげました。

このことがあった時思いました。私の仕事は、単に美味しい食事をお出しすることだけでなく、アレルギーを持っていることは、人にはないセンサーを持っていることで、素晴らしい才能であることに気づいて頂き、豊かで幸せな日々を過ごして頂くお手伝いなんだと思いました。

これからも、お一人お一人に美味しいお食事をお出しして、お客様との会話を大切にし、キラキラ輝く瞳と、満面の笑顔を増やしていきたいと思います。

 

自然食工房めぐみ店主 堀川 一惠

スタッフ紹介

自然食工房めぐみを主宰する堀川です。

facebookで日々の徒然を発信しています。

こちらもどうぞご覧下さいませ。


私は、毎日元気に、働いていて、疲れることがあまりありません。

睡眠時間は、5~6時間でOK

好きなものを食べて、好きな仕事をして、これまで病気らしきものにかかったことがない。

風邪すらめったにひきません。

家族も大きな病気にかかったことは無くて、平穏な日々をすごしています。


何故、自然食工房めぐみを始めようと思ったのか

私は、小さい頃から野山を駆け回るのが大好き。草や実を摘んでは、口にしてましたので、知らず知らずのうちに野草の酵素を取り入れていたのかもしれないですね。

肉や魚も時々は食べていましたが、そんなに沢山食べたいと思うことは無かったです。

どちらかと言うと、野菜や果物が大好きでした。

もともと私は料理が大好きでした。

3人の子供たちはそれぞれ野球やテニスに夢中になり、

とにかくよく食べていました。

母として、大切な子供たちにちゃんとしたものを食べて欲しいと思い、

朝は、ご飯と味噌汁。

練習終わりにはすぐに食べれるようにおにぎりを持たせたりもしました。

食べ物が身体を作っているとの思いがあったので、

成長期は特に、食べ物に気をつけてもらいたかったのです。


この10年ほどで、子供が大きくなってそれぞれの道を進みだし、食事の時間もばらばらになってきて、作り置きのおかずをそれぞれが食べるようになり、ついつい子供や夫が喜び、調理が簡単な肉や魚が多くなってきました。

肉や魚を素材として化学調味料を使えば、あっという間に美味しい食事ができます。

食後には、スィーツも食べ、私も家族も満足していました。

ふと気がつくと、私の周りには手軽に気軽に食べることが出来るものがあふれていました。


そんな私ですが、50歳になった頃から

「この食事は、私の求めているものではない」

と、何となく違和感を感じ始めてきました。



そんな時に、偶然出会った「重ね煮」という調理法方が、私の運命を大きく動かし、

「自然食工房めぐみ」が生まれることとなりました。


重ね煮は、野菜を切って順番に鍋の底から並べていって、蒸し煮にしたものです。

野菜の旨味がぎゅっと凝縮されて、濃厚なお出汁のような味わいになります。

野菜の水分も一緒にいただくことが出来るし、蒸し煮は野菜の栄養分を損ねることがありません。

美味しくて野菜がたくさん食べられて、栄養があって、、、、

まさに私の心と身体が求めていたものだったんです。


重ね煮からの繋がりで、酵素玄米と出会い、砂糖を使わない調理と出会い、アーユルヴェータと出会い、マクロビと出会い、薬膳と出会い、今では食だけでなく、無添加石けんや呼吸法や布ナプキンなど、自分が生きていく環境が、より自然に近いものに変化していきました。


もともと自分が好きだった生活に戻ってきた感じです。

家族のためにと思って化学調味料を使って作った食事やたくさん買ってきた牛乳。

いらなかったんだと、気づきました。

添加物で加工された食品や肉魚よりも、シンプルで丁寧に作られた野菜の食事が、心の底から美味しいと感じています。

食べることが大好きな私にとっては、美味しいことが第一です。

これからもずっと、自然に近い生活の中で、美味しい食事を作っていきます。




自然食工房めぐみスタッフの前田です。

現在 12歳の娘は 生まれて4ヶ月頃から

顔中 アレルギー症状がでて 血だらけになっていました。

生後4ヶ月・・・まだ離乳食も食べていません

お腹の中にいた時の 私の食べた物が影響していた・・・

そして 母乳なら その時の私の食べた物が影響している・・・

それから 色々な本を読み 色々な治療法を摸索する毎日でした。

その中で 重ね煮や自然療法との出会いがありました。

何も食べられない・・・ 何も信じられない・・・

そんな日々も過ごしました。

そして今は何もかもありがたいと思えるようになりました。

お陰様で今は娘も健やかに育ち、私は健康オタクになりました(^^♪

健康オタクですが、出来るだけシンプルに

家庭で簡単にできる事をモットーにしています。

石鹸や歯磨き粉を手作りしたり、コホンと咳が出始めたら梅醤番茶や

ローズヒップティーを飲んだり、さといも湿布やこんにゃく湿布をしたりします。

風邪をこじらせることは無くなりました。

自然療法にご興味のある方、子供さんのアレルギーあるある話など

めぐみのランチを食べながら一緒にお話してみませんか?

皆様のご来店をお待ちしています\(^o^)/




自然食工房めぐみのキッチン担当、花戸です。

マクロビを知り、野菜のおいしさを知り、

もっと自分で作りたい!という所から料理好きになり、

今では味噌や甘酒、保存食作りも楽しむようになりました。

めぐみでは素材のおいしさを引き出せるように心がけています。

そんな料理のおいしさを味わっていただければ嬉しいです。