童話

こんばんは(#^.^#)自然食工房めぐみの堀川です。 

長文になります。


 子供のころに読んだ本だったか、

もしかしたら母が聞かせてくれたお話しだったのかも

はっきりしていないのですが、 

こんな童話がありました。 


 もし、出典をご存知の方がおられたら、教えてくださいませ。  




ある国に、王様と3人のお姫様がいました。 

王様は、優しくて聡明な一番下のお姫様が可愛くて仕方ありません。 

いつもそばにおいて、特別に可愛がっておりました。 


ある時王様は、とてもご機嫌に、3人のお姫様に言いました。 

「姫たちよ。 お前たちはみな、この王様を大好きだと言ってくれるが、

 さて、それはどれくらい大好きなのじゃ? 

何でも褒美をとらすから、教えておくれ。」


 一番上のお姫様が言いました。 

「お父様、私は、甘くてとっても美味しいお砂糖と同じくらいに、

優しいお父様が大好きです。」 

王様は上機嫌で言いました。 


「そうかそうか、それは嬉しい♥ 

それでは、褒美に国中から砂糖の

たっぷり入ったお菓子を取り寄せてやろう。


 二番目のお姫様は、 

「お父様、私は、キラキラに輝く宝石と同じくらい、

いつも輝いていらっしゃるお父様が大好きです。」 

またもや王様は上機嫌で言いました。 

「そうかそうか、それは嬉しい♥

 それでは、この国で一番美しい宝石をお前にあげよう。」 


 そして次は、王様の大好きな一番下のお姫様の番です。 

さぞや嬉しい言葉を聞けるだろうと、王様はウキウキして待ちした。


一番下のお姫様は言いました。 

「お父様、私は、生きていくのになくてはならない

お塩と同じくらい、お父様が大好きです。」  


これを聞いて、王様は、激しく怒りました。 

「何???私が塩だと?あのしょっぱくて、

そのままではとても食べれない塩と同じだと? 

姫、それは何かの間違いではないか?

 今すぐここで訂正すれば、許してあげよう。」


 でも、一番下のお姫様は、きっぱりと言いました。 

「私は、お塩と同じくらいお父様が大好きです。」 こ


れを聞いて、王様は言いました。 

「わしを塩などと言うものは、許せん。  

今すぐこの城から出て行け!!   

皆の者、今後いっさい、この国で塩を使ってはならんぞ!!!」


 さて、それから、王様が納める国では、塩が一切使えなくなってしました。 

 一番困ったのは調理人です。 

塩がないと、美味しいパンを焼くことが出来ません。 

肉の保存にも塩がなくては、腐ってしまいます。 

スープも、お料理も、塩がなくては、

まずくてとても食べられるものではありません。 


仕方なく、この国では、お砂糖ばかり食べていました。  


そして、数年後、この国の人は、

みんな病気になってしまいました。 


 やっと、一番下のお姫様の言っていた塩の大切さがわかった王様は、 

お姫様を城に呼び戻し、国中に、塩を使って良いというお触れをだしました。  


めでたし めでたし 





長文をお読みいただきまして、

ありがとうございました。 

 このお話を知っている方がおられましたら、 

教えてくださいね。 

 どうぞよろしくお願いいたします。 

【公式】自然食工房めぐみホームページ

自然の恵みに感謝して 大切な家族にとびきり美味しい ご飯を食べてもらいたい 玄米や野菜の本当の美味しさに 出会った時のあの感動を 周囲の愛する人にも 食べてもらいたいと思い 健康を願う気持ちから 「めぐみ」は誕生しました

0コメント

  • 1000 / 1000