波多野毅先生

波多野毅(はたのたけし)1962年熊本県生まれ。

一般社団法人TAO塾代表理事。

食エコロジスト。

熊本大学特別講師。

熊本大学大学院紛争解決平和構築学石原研究室客員研究員。


祖母の死がきっかけで東洋哲学•東洋医学に興味を持つ。

KJ法を堀田俊夫氏、川喜田二郎氏に学び、仏教を松原泰道老師の南無の会、食養を大森英桜氏の日本CI協会と山口卓三氏の正食協会、代替医療を帯津良一氏の日本ホリスティック医学協会と石原克己氏の日本伝統医学協会、鍼灸指圧を鍼聖•柳谷素霊の東洋鍼灸にて学ぶ。

国家資格を取得後、93~94年アメリカのマクロビオティック教育機関久司道夫氏のKushi Instituteにスタッフとして勤務を経て、2ヶ月間欧州無銭旅行。

94年故郷にUターンして寺子屋TAO塾を創設し、教科学習の他、社会人講座・世界人講座・食育講座というユニークな教育を実践。

読売新聞に「生き方の根っこを育てる塾」として紹介される。

大阪正食協会編集委員、日本CI協会講師、Kushi Institute Japan講師、西日本工業大学講師等を歴任。


現在、自然豊かな阿蘇を拠点に農的生活をしながらTAOリトリートセンターを経営し、NPO法人懐かしい未来理事、NPO法人パーマカルチャー九州理事の他、熊本大学大学院にて経世済民・平和学としての東洋哲学•東洋医学の可能性を探求。

精力的に講演・執筆活動を展開している。著書に「医食農同源の論理」「自遊人の羅針盤」「桜沢如一のコトバに学ぶ人生を変える70のヒント」など



【公式】自然食工房めぐみホームページ

自然の恵みに感謝して 大切な家族にとびきり美味しい ご飯を食べてもらいたい 玄米や野菜の本当の美味しさに 出会った時のあの感動を 周囲の愛する人にも 食べてもらいたいと思い 健康を願う気持ちから 「めぐみ」は誕生しました

0コメント

  • 1000 / 1000