長岡式酵素玄米の始まり

長岡式酵素玄米は、医食同源・玄米菜食・断食を指導していた、

秋田の医師長岡勝弥医師が開発されました。


多くの病の原因が飽食であること、これからは、酵素の時代が来ることを説かれ、

研究を進める中で、宗教家高橋信次先生との出会い、

指導・助言を受けながらさらに研究を進め、

「長岡式酵素玄米」を開発されたそうです。



主食である玄米の持つエネルギーと小豆のエネルギー、

さらに太陽の恵みを受けた特別な塩「サンナトリウム」を使用し、

高温の圧力鍋の中で原子転換が起こる。


高橋信次先生は、

「未来の人は皆この酵素玄米を食べていた、

未来の人から習った炊き方である、

このことが解明されるには1000年かかる」

と言われたそうです。



長岡勝弥医師は、

「酵素玄米」食による「長岡式酵素健康法」を確立し、

その後を新井郭之先生が受け継ぎ、

全国で講習会を開催して直伝を続けておられます。



自然食工房めぐみでは、新井郭之先生の直伝をたがえず、

酵素玄米を炊いております。


1000年後に、酵素玄米の証明がなされ、

皆さんが普通に酵素玄米を食べている姿を夢見つつ♡





********************

自然食工房めぐみ

北九州市小倉北区魚町3-3-20

営業時間 11時~20時 木曜日12時~20時

定休日 毎週水曜日

℡&Fax   0935112352

携帯からは、08049191271

megumi2352@yahoo.co.jp



自然食工房めぐみのメニューはこちらから


自然食工房めぐみで開催する料理教室やイベントはこちらから。


【公式】自然食工房めぐみホームページ

自然の恵みに感謝して 大切な家族にとびきり美味しい ご飯を食べてもらいたい 玄米や野菜の本当の美味しさに 出会った時のあの感動を 周囲の愛する人にも 食べてもらいたいと思い 健康を願う気持ちから 「めぐみ」は誕生しました

0コメント

  • 1000 / 1000