天野朋子マクロビオティック中級認定講座

自然食工房めぐみ&Native Foods presents

「マクロビオティック中級認定講座〜陰陽五行クッキング」


講師:天野朋子(マクロビオティックインストラクター)


マクロビオティックの理論の中核をなす(そしていちばん面白い!)

「陰陽五行」を学ぶコースです。

マクロビオティックをアメリカで普及された久司道夫先生から陰陽五行理論を直接学ばれた天野朋子先生により、東京、鎌倉、熊本で約10年にわたり開催されている講座です。


陰陽五行は、「陰と陽」を、さらに詳しく見る方法で、それぞれの季節(春、夏、土用、秋、冬)にふさわしい食材の選び方や、それぞれの季節に弱りやすい臓器の調子を整えるための料理法、調理法などを学びます。

とても実際的な知識が学べるクラスです。


クラスの前半は講義、後半は調理実習となります。

メニューの数やバリエーションも増え、このクラスを終了するとお料理の腕がぐっと上がる!

と参加された方の多くがおっしゃっています。



スケジュール・受講料は下記の通りです。

第3木曜日10時~のクラスも同時開催が決まりました

 4/20  5/18  6/22  7/20  8/24  9/21

 調理実習付となっています。

 

◇第1回目:4/19(水)陰陽五行総論講義(お食事つき)

陰陽五行論の全体像を把握していただくための講義です。


◇第2回目:5/17(水)上昇のエネルギー 

講義:春にふさわしい食材の選び方、調理方法の選択。肝臓・胆のうをいたわる食事法

実習・デモンストレーション:土鍋で炊く玄米ごはん、レンズ豆のスープ、春野菜の蒸し煮、青菜とわかめの温サラダ、甘酒プディング


◇第3回目:6/21(水)拡散のエネルギー 

講義:夏にふさわしい食材の選び方、調理方法の選択。心臓・小腸をいたわる食事法

実習・デモンストレーション:夏のカラフルちらし寿し、コーンと豆のチャウダー、和風ラタトゥイユ、フレッシュサラダ梅胡麻ドレッシング、穀物コーヒーゼリー

◇第4回目:7/19(水)下降のエネルギー 

講義:土用にふさわしい食材の選び方、調理方法の選択。膵臓・脾臓・胃をいたわる食事法

調理・デモンストレーション:甘栗ともちきびのごはん、ひよこ豆のシチュー、甘い野菜の煮しめ、かぼちゃとあらめの煮物、かぶのサラダ スィート&サワードレッシング、ひえとブルーベリーのデザート


◇第5回目:8/23(水)凝縮のエネルギー 

講義:秋にふさわしい食材の選び方、調理方法の選択。肺・大腸をいたわる食事法

実習・デモンストレーション:根菜入り炊き込みごはん、ごぼうとたまねぎのスープ オニオングラタン風、大豆の五目煮、秋のプレスサラダ、れんこん白玉団子


◇第6回目:9/20(水)浮遊のエネルギー 

講義:冬にふさわしい食材の選び方、調理方法の選択。腎臓・膀胱をいたわる食事法

実習・デモンストレーション:黒ごまおはぎ、乾物たっぷりスープ、高野豆腐と根菜の煮しめ、ごぼうの味噌煮、昆布の佃煮と青菜の和え物、最終回スペシャルデザート


各回14時~ 19時~ のクラスがございます。

14時~は、調理実習。

19時~は、デモンストレーションクッキングとなります。

*翌木曜日の10時~のクラスの開講も検討中です。

 ご希望がございましたら、お申し出下さいませ。


受講料:全6回 35,000円(税別)


原則として、自然食工房めぐみにて「マクロビオティック初級認定講座」を

修了された方、または、他のマクロビオティックのお教室の初級レベルを修了された方を対象といたします。全6回修了された方には、修了認定証が発行され、上級クラス(インストラクター養成コース)への道が開かれます。


マクロビオティックをより深く学びたいという方、レパートリーを増やし、お料理のスキルをアップさせたい方、ヒーリング・クッキングの基本を知りたい方などに最適です。


お申し込みお問い合わせは、自然食工房めぐみまで

093-511-2352

megumi2352@yahoo.co.jp


参加費のお支払いは、ご来店にて

若しくは下記口座へのお振込をお願いいたします。

入金口座 ホリカワカズエ

ゆうちょ銀行口座から送金 記号17430 番号29926191

他行から送金 ゆうちょ銀行 店番748 普通2992619


マクロビ講座につきましては、一括前納となっております。

講座開始後のキャンセルはできません。

ご了承くださいませ。


皆様のお申込みを心よりお待ちしております。

【公式】自然食工房めぐみホームページ

自然の恵みに感謝して 大切な家族にとびきり美味しい ご飯を食べてもらいたい 玄米や野菜の本当の美味しさに 出会った時のあの感動を 周囲の愛する人にも 食べてもらいたいと思い 健康を願う気持ちから 「めぐみ」は誕生しました

0コメント

  • 1000 / 1000