自然食工房めぐみが生まれるまでの物語VOL8

自然食工房めぐみが生まれるまでの物語VOL1

自然食工房めぐみが生まれるまでの物語VOL2

自然食工房めぐみが生まれるまでの物語VOL3

自然食工房めぐみが生まれるまでの物語VOL4

自然食工房めぐみが生まれるまでの物語VOL5

自然食工房めぐみが生まれるまでの物語VOL6

自然食工房めぐみが生まれるまでの物語VOL7



個人的な、取り留めのない、長いお話を読んで頂いて、

ありがとうございます。


こうやって自分の闇を書き出すことで、

浄化されている気がしています。



さて、突然ネイルサロンを経営した私です。

ネイルのことも全く分からない、知り合いもいない、

ホントに突然に、初めてしまいました。


たまたま誘われて出かけたネイルサロンが気に入って、

ただそれだけの理由で初めました。


その時の私には、確かなものは何もありませんでした。

ネイルの技術もない、経営のことも全く分からない、

スタッフを雇用することも初めて。


ただただ、理想だけを追い求めて、

人の役にたつネイルサロン。

スタッフが喜んで働いてくれる職場を作る。

そんな上辺のことばかりを考えていましたが、

理想とは全く違う、グチャグチャな毎日。


その時の私は、理想をかかげながらも、

他人にどう思われるか!

教師を辞めて、カッコ良く経営者としての道を進んでいるように見えるか!


「他人からどう思われるか」それが一番大切だったんです。


つまりこれは、『他人軸』

自分の人生のオールを、

自分以外の他人に預けてしまった状態。


だからいつも自信がなく、なにをやっても上手くいかない。

自分を評価する基準は他人の目。

他人の評価を気にして生きるほど、苦しことはない。

そんなボロボロの数年間でした。


ここで学んだことが、私の次のステップでとても役立っている、

『引き寄せ体質』で引き寄せた大切な学び、

そんな風に思えるのは、何年も先の事です。



どん底まで気持ちが追い込まれて、

もうこれ以上生きていくのは嫌だと思った時、



何故か唐突に、

やっぱり私は、好きな料理ができる場所が欲しいと思いました。


人は、究極に追い込まれた時に、

自分の心に本当に素直になれるのですね。


今、考えれば、何をそんなに苦しんでいたのか、

それすら分からないのです。


苦しむ現象など実は何も起きていなくて、

他人からの評価を妄想して、自分でお化けを作り出して、

自分勝手に苦しんでいただけだったようです。


当時サロンで働いてくれていたスタッフたちにも、

実はたくさん助けてもらっていて、

サロン経営を何も知らない私でも、

何とか収支を合わせられるよう、頑張ってくれていました。


全く自分に似合わないネイルサロンの経営は、

私を傷つけてばかりで、何の役にも立たなかった!

と、勝手に妄想して、自分で自分に傷をつけていいたのです。



やっと、ここから、『自然食工房めぐみ』に近づきます。


ところがどっこい、

ナント、

ここでもノープランで、

『大好きな料理の仕事が出来る』

最初は、その思いだけでした。



『大好きな料理の仕事が出来る』がキーワード。

それ以外は、全く何も持っていない私が、

ここから、奇跡のスタートです。


お読み頂いて、ありがとうございます。








【公式】自然食工房めぐみホームページ

自然の恵みに感謝して 大切な家族にとびきり美味しい ご飯を食べてもらいたい 玄米や野菜の本当の美味しさに 出会った時のあの感動を 周囲の愛する人にも 食べてもらいたいと思い 健康を願う気持ちから 「めぐみ」は誕生しました

0コメント

  • 1000 / 1000