自然食工房めぐみが生まれるまでの物語VOL4

自然食工房めぐみが生まれるまでの物語VOL1

自然食工房めぐみが生まれるまでの物語VOL2

自然食工房めぐみが生まれるまでの物語VOL3



何人かの方に、「楽しみにしているよ♬」とのメッセージを頂き、

感激しています。


お読み頂きまして、ありがとうございます。


さて、VOL3では、母の事を正直に書きました。




では、私が、子供たちをどのように育ててきたのか?


このfacebookを読んでいる私の3人の子供にも、

今まで真っ直ぐに話すことができなかった事を、

正直に伝えたいと思います。



子供の頃の私は、お砂糖が嫌い。

野山を駆け回って遊んで、木苺や土筆、セリ、ヨモギ、

気になっている果物を食べたりと、野生児でした。

植物の酵素をたっぷり摂っていたのでしょうね。


おやつは、お芋やトウモロコシ等が好きで、

時には贅沢に果物を食べたりしていました。


小さい頃から料理が大好きでした。

学生時代は、コンビニやお弁当屋さんもないので、

毎日のように友人と手作りの夕食を楽しんでいました。


結婚してからも野菜中心の食生活でした。



フルタイムで働きながら、3人の子供を育てる。

その間に、家を建て主人の親と同居し、

気づいたら8人家族の食事を賄っていました。


家族の協力があったので、出来るだけ手作りでと、

毎日のように大鍋で料理を作りました。



特に子供たちが小さい頃は、良いものを食べさせたいと思って、

肉や魚、卵をたっぷり使い、丁寧な料理を心がけていました。

子供や主人が喜ぶものが作りたいので、

粉末の出汁の素やコンソメ類は、毎日必ず使いました。


当時は、化学調味料を使っているという自覚すらありませんでした。

子供の好きなハンバーグやトンカツ、唐揚げなど、

毎日のように作っては、食べさせていました。


手抜きをしたい時には、肉や魚料理が手っ取り早く、

煮たり焼いたりして簡単に食べれるので、重宝しました。


野菜は、洗って切って、それから調理するので、

ついつい面倒になっていしまい、

気がついたら、家族が喜ぶ肉や魚が数品並び、

ドレッシングをかけた野菜が添えられる、


今考えると、化学調味料満載の食事でした。



子供には、ジュースは飲ませませんでした。

砂糖が苦手な私の体質と似て、3人の子供もジュースは特に欲しがりませんでした。


ジュースの代わりに私は、毎日1Lの牛乳を3本買って、

常に冷蔵庫に牛乳が5本ほど入っていました。


子供たちは、水代わりに牛乳を飲んでいました。

私は子供たちに、

「骨や歯が強くなるから、牛乳を飲みなさい。」

と、言いました。


子供たちも牛乳が大好きで、

一人が一日1Lを平気で飲んでいました。


子供たちにジュースを飲ませないで、牛乳を飲ませている私は、

良い母親だと威張っていたくらいです。


3人共、牛乳への不耐性やアレルギーなどはありません。

28歳、26歳、23歳の今でも牛乳が好きです。



私は、母親として、子供たちに元気にすくすくと大きくなって欲しいと願い、

毎日の食事を作ってきました。


子供たちの生活に、親は絶対です。

親が調理したものが子供にとっての絶対の栄養。


化学調味料や食品添加物満載の食事ばかり作っていて、ごめんね。

冷蔵庫に牛乳ばっかり入れてて、ごめんね。

料理にマーガリンを一杯使っててごめんね。


一つ一つ上げていたらキリがないほど!

親が子供の身体を思って作っていたのに!


気がついたところから、

みんなの命に繋がる食事を見直して行くからね。

そんな気持ちでいっぱいです。



今は、私の大好きな子供たちには、

そろそろ牛乳を卒業して欲しいと思っています。

カルシウムは牛乳からではなくて、

海草や豆、野菜から十分にとれる事を伝えたいと思います。





今はとても穏やかな気持ちでいます。


私は、その時々で、

自分の知っていることで、精一杯子供や家族とともに過ごしてきた。

例え間違ったことがあったとしても、

愛を持って、子供たちと接してきた。



ただ、私には、知識がなかっただけ、

知らないことが多すぎたと思います。



自然食工房めぐみにたどり着く過程で、

様々な出会いがあり、学びがあり、現在進行形で学んでいます。


学校でも教えてくれない、

本当に大切なことを、

私たちは、何処でどのようにして、学んでいったら良いのでしょうか?



つづく。。。
















【公式】自然食工房めぐみホームページ

自然の恵みに感謝して 大切な家族にとびきり美味しい ご飯を食べてもらいたい 玄米や野菜の本当の美味しさに 出会った時のあの感動を 周囲の愛する人にも 食べてもらいたいと思い 健康を願う気持ちから 「めぐみ」は誕生しました

0コメント

  • 1000 / 1000