すぐできるお豆のスープ

【料理リレー】

北九州市小倉北区魚町で「自然食工房めぐみ」という、

小さなカフェレストランをやっています。

堀川一惠です。


マクロビオティックとアーユルヴェーダの考えを取り入れつつ、

主食は長岡式酵素玄米、

副食は、重ね煮・50℃洗い・低温スチーミングなどの調理方法で、

お食事を提供しています。


今回は、小倉南区で、

50℃洗い、低温スチーミング&排毒料理教室や、パン教室を開催している、

吉本寛子さんからバトンを受け継ぎました。


この素晴らしいリレーのご縁に感謝致します。


料理研究家の脇雅世先生 Masayo Waki先生が発起人となってスタートした料理リレー!

家にある材料でできるシンプルレシピをご紹介します。

おうち時間が、豊かで心温まるものになりますよう、

心からお祈りいたします。


◇すぐ出来るお豆のスープ◇

「豆のスープは美味しくて栄養たっぷりだけど、

豆を煮るのが大変」

と言う声にお応えして、

洗ってすぐに煮える豆を使った超簡単なのに、

メッチャ美味しいスープのご紹介。


シンプル過ぎると思う方は、セロリや人参や、

その他のお野菜を加えてもOkです。


<材料>3人分

玉ねぎ 150g

オリーブオイル 大匙1

塩 小匙1程度

スープブレンドビーン 60g

*赤レンズ豆、緑レンズ豆など洗ったらすぐに煮て大丈夫な豆。

水600㏄

昆布3㎝角1枚

ブラックペッパー パセリなどお好みで。


<作り方>

スープブレンドビーン(レンズ豆でOK)を50度で洗い、

30分ほど水煮に浸しておくと早く煮えます。

50度で洗うと、豆が生き生きと美しく輝きます♡

土鍋に入れ、水と昆布を加え火にかける。

沸騰したらさし水をして、

更に沸騰したら弱火で10~15分。

豆が柔らかくなるまで煮る。


同時に、フライパンにオリーブオイルを入れ、

1㎝みじんに切った玉ねぎを丁寧に炒める。

時々、塩を一つまみ振りかけながら、

美味しい香りがグ~ンと広がるまで炒める。


豆が煮あがったら痛めた玉ねぎを入れ、

更に2~3分煮て、

塩やお好みの香辛料で味を調える。


*白味噌味、トマト味、カレー味、

豆乳を加えたり、仕上げの味付けはバリエーション様々。


こんな簡単な「すぐできるお豆スのープ」で、良かったでしょうか?




【料理リレー】

発起人の脇雅世先生からのメッセージもご紹介します。

ーーーーーーーーーーー

世界中が危機感であふれている毎日です。

おうちで過ごす時間が増えた皆さんと 

料理でつながることができたらと思い≪料理リレー≫を試みたいと思います。

いつもお家にある材料で簡単に作れる一品をリレー形式で紹介します。わざわざ買い物に出なくても済む料理作りのヒントになれば幸いです。料理を生業とする私達から、ご覧いただいた皆さんがハッピーになることを願って

全て手作り、

お野菜たっぷりで身体に優しい材料でお料理を提供している、

Cafe&kitchen SELAM杉野亜紀子さんへバトンをお繋ぎします。


どうぞよろしくお願いします(^O^)/


#うちで過ごそう

#stayhome

#料理リレー

#cookingrelay




【公式】自然食工房めぐみホームページ

自然の恵みに感謝して 大切な家族にとびきり美味しい ご飯を食べてもらいたい 玄米や野菜の本当の美味しさに 出会った時のあの感動を 周囲の愛する人にも 食べてもらいたいと思い 健康を願う気持ちから 「めぐみ」は誕生しました

0コメント

  • 1000 / 1000