親との関係を癒す

中学生の頃から、母が嫌いだった。


母は、自分の意見を押し通し、他人の話を聞かない。

自分の家族や親せきや近所の人や、周りの人を責める言葉をいつも発する。

私の事も否定する言動を繰り返し、認める事は無かった。

私の耳には、自分だけが世界中で一番正しいと言っているように聞こえた。

私は何をしても母から非難されているような気がして、

母と話をするのも嫌だった。


だからつい10年ほど前まで、

母を遠ざけて、出来るだけ合わないように生活してきた。

多分このまま、母と疎遠のまま生涯が終わるのだと漠然と思っていた。


心理学を少し学んだ時、

母との関係は、満たされなかった子供の頃の想いに繋がると知り、

母を許すことは、自分を許すことに繋がる。

母を受け入れることは、無条件の愛を受け取る事に繋がると知った。




理屈で分かっても、

それでも母を受け入れる事は出来なかった10年前。



知人の息子さん、偶然彼の18歳の誕生日の日にばったり会った。

「誕生日は、親に感謝する日ですよね。

 僕もこれから親に産んでくれてありがとうって言ってきます。」


偶然にも、私の誕生日は明後日。


母にありがとうなんて、絶対言えない!

別に母に会いたいとも思わないし。

なんで、母に「産んでくれてありがとう」なんて言わなきゃいけないんだ!

と、無性に腹が立つし、イライラする。


でも、ほんの少しの時間の立ち話が、

ずっと心にひっかかり、

自分の誕生日になっても、モヤモヤしたまま。


結局、私は、私の誕生日の夜、20時ごろ、

当時高校生だった娘を連れて、

ケーキを持って、母の家を訪れた。

めったに行く事もなかったので、

突然の訪問に母も面食らっていた。


私が、

「今日は私の誕生日なんよ。

誕生日は親に感謝する日らしいよ。

一緒にケーキ食べる?」

と言うと、


母は突然、

「あなたにどうしても言っておきたい事がある。」




「私は、あなたを産んだ時、ホントに嬉しかった。

もう、どれほど嬉しかったか。。。

それだけを言っておきたかった。」

と言って、涙を流したのです。

(どうしても言いたい事ってそれだけ?)

と思いながらも、


私も娘も、ただただ涙を流していました。


この日を境に、母と私の関係は線路のポイントをカチッと切り替えたように、

心が通じ合える関係となったのでした。



もし、この日が無くて、

母と和解しないままの人生だったら、

私は未だに母の嫌なところばかりに目が行っていたと思います。


幼少時に苦労が多かった母の寂しさに気づくこともなく、

母からの無償の愛を知ることもなかったのです。


あの日が私の人生の大きな分岐点となったのでした。


もし、今、

親御さんとの関係で悩んでいる方がいたら、

少しでもヒントになれば幸せです。

【公式】自然食工房めぐみホームページ

自然の恵みに感謝して 大切な家族にとびきり美味しい ご飯を食べてもらいたい 玄米や野菜の本当の美味しさに 出会った時のあの感動を 周囲の愛する人にも 食べてもらいたいと思い 健康を願う気持ちから 「めぐみ」は誕生しました

0コメント

  • 1000 / 1000