自然食工房めぐみが生まれるまでの物語VOL1

30代・40代、薬漬けの日々からの脱却最終回

沢山の皆様に読んで頂きまして、ありがとうございました。


・お医者様へ行っても、症状を抑える薬を出され、

 特に説明もなく、何も考えずに飲んでいた。

・痛み止めの薬をいつも飲んでいます。

 どうしたら良いのですか?


等のご質問も幾つか頂きました。



私は、お医者様でもありませんし、栄養士さんでもありません。

なので、明確な答えは持っていません。



私の得意なことは、料理です。

得意なことを精一杯学んできたら、


気づいたら、高血圧が改善していた。

体重が減って、適正な体重になってきた。

貧血気味だったのに、改善していた。

健康診断は、ほとんど真ん中。

睡眠時間が短くても(5~6時間)平気。


と言う事なのです。



以前と今の食生活の違いは、

化学調味料・食品添加物・白砂糖・動物性食品はほとんど食べない。

主食は、酵素玄米、飲み物はお白湯、ということだけです。

(日本酒は毎晩少し頂いています)



自分の体の変化を通して、

人が食べるものを普通に食べていれば、

健康で心豊かに、穏やかに生活できるのでは無いかという仮設を持ちました。


私は、子供の頃から食いしん坊。

今でも、「美味しいものしか食べたくない」と思っているので、

無理をして、

化学調味料・食品添加物・白砂糖・動物性食品はほとんど食べない。

主食は、酵素玄米、飲み物はお白湯。

といった食生活をしているのではなく、美味しいからこうなりました。



そして、今では、自分が病気になりそうな感覚が無くて、

きっと元気で過ごしていくのだろうなと、

確信のようなものさえあります。


*起こるか起こらないかの未来を心配しないで、今を生きる!

そんな考え方も影響しています。



私は、引き寄せがものすごく強くて、

これまで良いことも苦しいことも、自分が願ってきたことが、

そっくりそのまま、自分の人生になっているとの確信もあります。



化学的なものが苦手。

お砂糖の入ったお菓子や食事が苦手。

野菜が沢山食べれれば大満足。


自然食工房めぐみは、

そんな私が小さい頃から思い描いていたお食事のお店。



今の到達点は、

「化学調味料・食品添加物・白砂糖・動物性食品を使わなくても、

とっても美味しいお食事が出来る。」

そのやり方を知りたい方へお伝えすること。


最近は、次々と新しいレシピがふってきて、

もう、誰かにお伝えしたくて、たまらない感覚です。


自分が大好きなことをしながら、人の役に立てるって幸せ♡

ここまでたどり着きました。


まずは、自然食工房めぐみが生まれるまでの物語を書いてみようと思います。

良かったら、どうぞお付き合いくださいませ。


では、お話は次回から。





【公式】自然食工房めぐみホームページ

自然の恵みに感謝して 大切な家族にとびきり美味しい ご飯を食べてもらいたい 玄米や野菜の本当の美味しさに 出会った時のあの感動を 周囲の愛する人にも 食べてもらいたいと思い 健康を願う気持ちから 「めぐみ」は誕生しました

0コメント

  • 1000 / 1000