今日は、ビーガンとかベジタリアンについての話が多い日

「ビーガンとベジタリアンの違いは何ですか?」

「ビーガンって、何ですか?」

「僕は、4日前からビーガンになりました。」


自然食工房めぐみの堀川です。

今日は、不思議なくらいに同じキーワードが連続してるので、

ビーガンとベジタリアンについて、

命をいただく食について、思うことをお伝えいたします。



一言でビーガンと言っても様々なパターンがあるようです。

完全ビーガンの方は、

食事だけでなく、衣服や持ち物も毛皮や革製品など使わない。

動物愛護の精神面も大きいようです。


食事では動物性のものは一切取らないが、

衣服や持ち物はその限りではない方を、

一般的には「ベジタリアン」

と呼ぶようです。


私もそのように解釈していています。


自然食工房めぐみは、現在はベジタリアン食です。

店内では、動物性食品は、お出ししていません。


私は、子供もの頃から野菜が好きだったので、

肉を食べると胃がもたれる。

牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロする。

などの理由で、だんだん動物性のものを避けるようになりました。


今は、ほとんど動物性のものを食べていないので、

睡眠時間が短くても毎日元気とか、

いつも胃がすっきりしているとか、

実は、シャンプーや石鹸をほとんど使わない私生活だけど、

多分臭くない(これはあくまでも自己判断です)


など、嬉しい事がいっぱいなんです。


でね、

動物性の食品が身体に合う方は、召し上がって良いと思っています。


私は、動物も植物も、命があることは同じで、

命があるものは、命がある他のものを取り入れることで、

自分の命を繋いでいっている。

と、考えています。


それは、自己中心的に他の命を奪って、自分の命にしていると言うことではなくて、

命というものは、それぞれが個でありながら、

お互いを支えあい、命を与え、命を頂き、新しい命を育んでいっていると思っています。


*ゴチャゴチャ分かりにくくてスミマセンm(_ _)m


結局ですね、

私たちは、命あるものを頂いて自分の命をつなぐ営みをずっと続けてきたし、

これからも、ずっと続けていくんですよね。


だから私は、命があるものに感謝しいただきます。


命がないもの(化学調味料や食品添加物、無機的な営みで出来た食べ物)は、

出来るだけ食べたくないと思っています。


あっ、、、でもね、

病気になっても怪我しても、薬を飲んじゃダメ!

とか、そんな事ではないからね。


薬の話はまた次で。


今日も私は、命あるものに感謝して、美味しくいただきます。




ごちそうさまでした。



【公式】自然食工房めぐみホームページ

自然の恵みに感謝して 大切な家族にとびきり美味しい ご飯を食べてもらいたい 玄米や野菜の本当の美味しさに 出会った時のあの感動を 周囲の愛する人にも 食べてもらいたいと思い 健康を願う気持ちから 「めぐみ」は誕生しました

0コメント

  • 1000 / 1000