お手当

マクロビオティック上級講座。

本日は、お手当について学びました。


食べ物には、いろんな働きがあって、

例えば、小豆は、腎臓や膀胱の働きを助ける。

解熱作用がある。


レンコンは、

肺、気管支やのど、花など呼吸器官の不調、炎症に効く。


生姜は、

血行を促進し、血液のよどみ、筋肉の凝りや緊張などを解きほぐす。


などなど。

自然にある食べ物は、それぞれが働きがあるのだなぁと、

改めて食べ物の大切さを知ることになりました。


また、身体に不調があるときには、

症状に応じて食材を選んで、丁寧に調理し、

食べ物のエネルギーで、不調が癒やされることも知りました。


食べ物で心と身体を癒すことが出来る、

当たり前の事のようで、なかなか実行できていない自分がいました。


簡単なお手当法を一つご紹介します。

むくみや頻尿や膀胱炎が気になる方へ。


「小豆茶」

小豆をよく洗い、昆布と一緒に4時間ほど水につける。

津ヶ汁ごと火にかけて、沸騰したら蓋をして、弱火で20分煮る。

濾して煮汁だけ頂きます。

私は特に冬、頻尿になりやすいので、家でも作ってみようと思います。


病気になって病院に行く前に、自分の心と身体を食べ物で癒やすことができれば、

病院へ行かなくてすむかもしれませんね。


今日は、梅薔葛、レンコン湯、切り干し大根茶、甘いヤシのスープなど作り、

皆で試飲しました。

天野朋子先生、本日もありがとうございました。

【公式】自然食工房めぐみホームページ

自然の恵みに感謝して 大切な家族にとびきり美味しい ご飯を食べてもらいたい 玄米や野菜の本当の美味しさに 出会った時のあの感動を 周囲の愛する人にも 食べてもらいたいと思い 健康を願う気持ちから 「めぐみ」は誕生しました

0コメント

  • 1000 / 1000